製造加工部門

主に量販店鮮魚売場で販売する多種多様な商品を生産しています。

製造加工部門

適量包装

適量包装

ご家庭で使い易い量をトレイに詰めます。
日々必要な分だけ生産しますのでいつも新鮮です。
フードロスの削減にも貢献しています。

生鮮魚の調理、切身・お造り・寿司の生産

生産

魚の頭や内臓を除去し半身やサクにします。
顧客店舗やご家庭の手間と生ゴミを削減します。
専任者がお造り・寿司・切身を毎日生産し早朝に出荷。
店舗運営をサポートします。
鮮度保持と食の安全と均質を大切にして商品作りを行なっています。

急速凍結、特殊包装(深絞り、ガス置換、真空)

急速凍結、特殊包装

鮮度と美味しさを閉じ込めます。
商品開発と新規設備投資を常に行い、新しい価値を創出しています。

食品の安全・安心

2021年4月1日
市川センターの 2021年度品質方針・目標
<品質方針>
 当センターは、食の安全にこだわり、お客様に安心してご満足頂ける商品の提供を行ないます。
 その活動として以下の項目に優先して取り組みます。
 1. 安全でおいしく、適正なコストの商品を継続して生産・提供します。
 2. 関連する法令やお客様の品質基準を順守します。
 3. 職場の衛生管理を徹底して、商品の安全を確保します。
 4. 異物混入防止や表示の精度向上などに努め、お客様からの苦情ゼロを目指します。
<品質目標>
 1. 食中毒や拡散性のある重篤な品質事故を発生させないことに優先的に取り組みます。
 2. お客様苦情月3件以内を目標とし、発生した場合には原因の調査と対策を確実に行ない、再発を防止します。
 3. 予防管理強化を目的とした教育を継続して行ないます。
 4. 職場の5Sを促進し、衛生的な環境の維持に努めます。
 5. フードディフェンスの意識を高め、予防措置に努めます。
 6. 商品ラベルの作成や貼付時のチェックを強化し、間違いを発生させないよう努めます。
 7. HACCP基礎としたJFS-B規格に沿った手順、記録等の活動を順守します。
株式会社水産流通 市川センター

–>